• 「願望や目標を明確化することは、それらを成就するための出発点である。」これはナポレオン・ヒルの言葉です。ハーバード大学のMBA卒業で目標を決めて紙に書き出しているひとはわずか3%でした。そして、わずか3%の人は目標を決めていなかった人に比べ10倍の収入を手にしていたそうです。

メールマガジン配信記事より一部抜粋

ネットワークビジネスに関する情報をメールマガジンで無料配信中!ネットワークビジネスに興味のある方はこちらから登録をどうぞ!

ネットワークビジネスの目標設定

ネットワークビジネス 目標設定


ネットワークビジネスで叶えたい夢や願望はありますか?

「ビジネスで成功して高級車に乗りたい!」「ビジネスに成功して南の国でバカンスを楽しみたい!」「ビジネスに成功して会社を辞めたい!」

ネットワークビジネスを始める人は、少なからず何かしらの夢や願望を持って参加をしています。私も自分の夢や願望を叶えるために、このビジネスに取り組んでいます。

しかし、夢や願望を持ってビジネスに参加をしても明確で具体的な目標設定がなければいつまで経っても成功はできません!

MLMの成功には明確で具体的な目標設定を!

漠然とした状態で、ただネットワークビジネスに参加をしても、夢や願望を叶えることは中々出来ません。夢や願望を叶えるには明確で具体的な目標設定が必要になります。

あらゆる分野で成功している人は、この明確で具体的な目標設定を必ずしています。してない人で成功している人はまずいません。

ネットワークビジネスで夢や願望を叶えるのなら、必ず夢や願望をもとに明確で具体的な目標設定を立てましょう!

そのために、まずはじっくり腰を据えて考えてください。何が今の自分にとって本当に必要なのかを。

3%の人しかやらない目標設定

「願望や目標を明確化することは、それらを成就するための出発点である。」

これはナポレオン・ヒルの有名な言葉です。ネットワークビジネスを始めるなら、この言葉をしっかりと胸に刻んください。そして、あなたの夢や願望を達成する固い決意持ってください。

ただ、いくら固い決意をもっても夢や願望を叶えるにはそれだけでは不十分です。さらに夢や願望を紙に書き出し、それをもとに目標を設定していくのです。

それも年間・月間・週間と。「ここまでする必要があるのか?」と疑問に感じる方もいると思いますが必要です。

ここで、アメリカのマコーマックの書籍の中で1979年から足掛け10年に渡って行われたある興味深い調査があります。

その調査では、79年のハーバード大学のMBAの卒業生に「未来について明確な目標を紙に書いて、それを達成するための計画を立てていますか?」という質問をしました。

その回答としては「はい」と答えた人はわずか3%でした。13%の人は、目標は持っていましたが、紙に書いてはいませんでした。

残り84%の人は明確な目標などなにも持っていませんでした。10年後に再び同じメンバーにインタビューを行いました。

目標を持ってはいたが、紙には書いていなかった13%の人は、全く目標を持たない人の約2倍の平均収入を稼いでいました。

目標を持ち、紙に書いていた3%の人はどの程度だと思いますか?

3%の人はなんと、目標を持たない人の約10倍の平均収入を得ていたのです。願望や夢を書き出すのがいかに重要か、目標計画を立てるのがいかに重要かよく分かる調査ですね。

さて、如何ですか?あなたはちゃんと、明確で具体的な目標は持っていますか?

目標を立てるポイント

目標の立て方にはポイントがあります。まず第1に欠かせないのは、目標に必然性があることです。

例えば「お金が欲しい〜」思っている人は世の中には多くいます。ただ、これでは漠然としてしまって必然性がありません。

「お金が欲しい〜」のなら「3年後に家を立てるために500万円の頭金が欲しい。そのために、毎月10万円の収入が欲しい」

というように使い道が明確で具体的な金額を目標にしなくてはなりません。

要は「お金の使い道が明確な金額を目標にする!」ということです。もちろん、それだけでネットワークビジネスは成功できるワケではありません。

しかし絶対に必要な金額が明確になることで、自分の中の何かが変わるのです。

例えば普段なら見逃したり、聞き流すような情報に目が留まったり、普段なら面倒なことでも、少しの可能性にかけ実行してみる。といった様なわずかな変化が始まります。

そこで、目標の立て方です。定番ですが、長期の目標・中期の目標・短期の目標の3つになります。

大目標数ヶ月〜1年単位の到達目標1年後の自分自信を意識した大まかな目標をたてます。目標を立てる上で重要なのは「現実的な目標を設定すること」です。ただし、できる限り意欲的な目標のほうが成長につながります。仕事とは違い全ての責任は自分になるので甘えは禁物です。
中目標1週間〜1ヶ月単位の到達目標大きな目標のみを目指すのは、あまり効率的ではなく、時としてモチベーションの低下にもつながります。そのため、状況や変化が想像しやすい1か月単位の中目標を立てると、何をするべきかがよりはっきりと見えてきます。大目標から1か月あたりに必要な目標を逆算するといいでしょう。
小目標1日単位の到達目標中目標の1ヶ月〜1週間あたりに必要な目標を1日あたりの目標に落とし込んでいきます。



3つの目標のうち、大目標や中目標は毎日更新しなければならないものではありません。休日などを使ってじっくりと目標設定を考えるのがよいでしょう。

次に必要なのが、目標の細分化です。

目標の細分化

例えば、3年で月収100万円を目標にしたとします。という事は1年目でまず10万円、タイトルならビルダーからブロンズ。

2年目で35万円、タイトルならシルバーからゴールド。そして3年目で100万円、タイトルならダイヤモンド。こんな感じで目標を具体的に設定します。

コレを紙に書いて、目の前の壁に貼り付けましょう。目の前の壁を見る度にこの目標を見て、自分の脳裏に刻み込むのです。そして、さらに細分化します。

1年で10万円という事は、半年で3万円、タイトルならビルダー。そして3か月で1万円、タイトルならビリーバーです。ここまで来ると、かなり現実的ですね。

最終目標だけでは、漠然として具体的な行動に繋がりません。いつまでも遠い目標です。しかし細分化することで、現時点でのやるべきことが分るのです。

パーキンソンの法則

最後に、「パーキンソンの法則」をご紹介します。

【パーキンソンの法則】

  • 第1法則
    仕事の量は完成の為に与えられた時間を全て満たすまで膨張する
  • 第2法則
    支出の額は、収入の額に達するまで膨張する

ちょっと分かりずらい表現なのですが、要は「低い目標は無意識に自分を抑えて、中途半端な結果になる!」という法則です。

より達成が困難な目標の方が、必死になって工夫や努力をする。結果「モチベーションも高まりやすい!」という考え方ですね。

もちろん無理やり押し付けられた高い目標ではダメです。モチベーションも下がります。ですから自分が納得できる目標であることが条件です!

心の底から思い描く、あなたの夢は何ですか?

関連ページ


MLMは21世紀型ビジネス

ネットワークビジネス 21世紀型ビジネス


ネットワークビジネスが日本に上陸して半世紀。未だにネットワークビジネスを「悪徳マルチ」や「ネズミ講」だと思われている方がいらっしゃいます。

しかし、ネットワークビジネスは「悪徳マルチ」や「ネズミ講」ではなく、法的に認められた立派なビジネスです!

だからこそ世界で5,000社以上の会社が存在し、有名な企業もネットワークビジネスを展開しているのです。

例をあげると、ジャスコ、カネボウ、SONY、森下仁丹、ダイエー、コカコーラ、ジレット、ジョンソン&ジョンソンなどの子会社です。

その多くの企業は「感動」と「体感」を得やすく、伝えやすい健康関連の商品を扱っています。

健康関連商品は世界的にも非常に好調な産業であり、21世紀は世界で120兆円市場になると予測されています。

日本では高齢化社会を反映して健康関連商品のニーズは益々高まっています。そんなネットワークビジネスは世界の多くの識者から支持されています。

ロバート・キヨサキ

  • 「金持ち父さん貧乏父さん」の著者 ロバート・キヨサキ氏

元アメリカ大統領 ビル・クリントン

  • 元アメリカ大統領 ビル・クリントン氏


船井幸雄

  • 船井総合研究所 船井幸雄氏

不動産王 ドナルド・トランプ

  • 不動産王 ドナルド・トランプ氏



など多くの方がネットワークビジネスを絶賛されています。

ちなみにドナルド・トランプ氏は「もし無一文になったら、急成長している優良なネットワークビジネスを探して、そこのディストリビューターを始める」とトーク番組で話したそうです。

このように、多くの方がネットワークビジネスの可能性に注目をし、肯定的な意見を述べられています。

では、なぜネットワークビジネスが21世紀型ビジネスなのか?

それは、ネットワークビジネスが消費者参加型のビジネスだからです。従来の広告展開による販売スタイルとは異なり「人から人へ」いわゆる「口コミ」をベースとした流通形態になります。

もちろん、製品を販売する営業社員はいません。しかし、営業消費者、販売消費者、広告消費者はいます。つまり、消費者が会社の販売員も兼ねて製品を世の中に流通させます。

そうすることで、会社は広告やCMに宣伝費用をかけずにすみ、その分を製品開発に充てることが出来るのです。もちろん、製品を伝えた人には流通の規模に応じて報酬が支払われます。

ここが21世紀型のビジネスと言われるゆえんなのです。

MLMも集客方法を選ぶ時代!

ただし、注意しなくてはいけないのが、いくら多くの識者がネットワークビジネスを絶賛しても、実際に稼げるかどうかは自分次第ということです。

ネットワークビジネスの最大の魅力は、なんといっても権利収入です。その権利収入を手にしようと、多くの人がネットワークビジネスに参加をします。

しかし、口コミで流通組織(ビジネスメンバー・愛用者)を広げるやり方が合わずに、多くの人がビジネスを辞めてしまうのも事実です。

「じゃあ、口コミで成功するのは無理なのか!」「ネットワークビジネスでは権利収入は手にできないのか!」と言えばそんな事はありません。

口コミのやり方でもしっかり成果を出してる人はいます。ただ私がそうだったように、口コミでは全く成果を出せない人もいます。

だからこそ、ネットワークビジネスで権利収入を得るための手段として、自分に合った集客方法を選ぶ必要があるのです。

決して口コミ集客がダメで、インターネット集客が良いと言う話ではありません。自分の集客スタイルに合うかどうかという話なのです。

「口コミ集客のネットワークビジネスで活動したけど上手くいかなかった・・・。」「ネットワークビジネスに興味はあるけど口コミで集客できる自信がない・・・。」

それなら、インターネットでネットワークビジネスを始めてみてはいかがでしょうか?

  • 私たちの会社はインターネット集客を中心に活動を行っています。ご興味がありましたら、こちらから動画と無料メールセミナーで、私たちが実践しているインターネット集客の方法と会社のご案内をしています!

    動画セミナーフォーム

  • 14日間の無料メールセミナー終了後のしつこい勧誘はありませんのでご安心下さい。
  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:1281 t:1 y:1