ベルセレージュ

  • 天然成分にこだわり、化粧品から健康補助食品、洗剤や活水器まで多くの製品を取り扱っています。

会社概要

◼︎社名
株式会社 ベルセレージュ

◼︎代表取締役社長
栗本 武彦

◼︎本社所在地
〒604-0862 京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町245-1-202

◼︎設立
1992年8月21日

◼︎資本金
4,100万円

◼︎販売方式
ディストリビューターによるダイレクトセリング(直接販売)

◼︎ビジネスプラン
ハイブリッド

◼︎事業内容
化粧品、洗剤、健康補助食品、浄活水器他

取り扱い製品

【化粧品】
全身シャンプー・全身洗顔料
『思いのままの仕上がりに』
・東洋、西洋系植物エキス、海藻エキスなどを含んだ、体に優しいベタイン、タリウム、脂肪酸系の界面活性剤を使用しています。硫酸系、スルホン酸系の界面活性剤、シリコン剤(ノンシリコン)、合成防腐剤は使用しておりません。

エッセンス
『美しさを追求するために』
・東洋、西洋系動植物エキス、海藻エキスに由来する成分を配合。肌荒れを防ぎ、キメを整え、お肌を引き締めるとともに皮膚にうるおいを与える設計です。スクワレン、スクワレンというエリモント効果の高いオイルを使用しているタイプもあります。

メークアップ化粧品
『メークにこだわりを』
・合成のタール色素などは使わず、ビタミン、紅花、紫根、イカスミ、アスタキサンチンなどの天然の色素を使うことで多彩な色を再現。天然の紫外線吸収剤、保湿成分、油脂類、スクワランなどを配合することでしようした箇所を健やかに保つような設計となっています。

【洗剤】
『身につけるものも安全性を確保するために』
・天然系素材を100%使用した万能型濃縮洗剤。硫酸系、スルホン酸系界面活性剤は使用しておりません。従来の(当社比)コンパクト洗剤よりも河川や海への負担を1/4〜1/7軽減するエコロジー洗剤です。和漢洋植物成分のスキンガード技術により手荒れが少なくなっています。

【健康補助食品】
ドリンク
『栄養の補助は子供からお年寄りまで』
・健康を維持するのに必要な各種栄養素(ビタミン、アミノ酸など)を配合した濃縮タイプの飲料です。お好みに応じて薄めてお飲みいただけます。調味料としてもご利用頂けます。

粉、粉末タイプ
『最適な栄養の補助は高品質でバランスの取れたもので』
・植物由来の様々な栄養成分(ビタミン、アミノ酸など)をバランスよく配合させました。栄養補助はもちろんダイエットにご利用頂けるタイプも用意しています。

調味料タイプ
現代の食生活では欠乏しやすい微量ミネラル、不可欠なアミノ酸やペプチド、核酸、様々なハーブエキスなども加えることで、風味豊かに仕上げました。調味料として料理にも加えるダシ、オイルタイプ、さらにはお茶タイプなどを用意しました。

【浄水器】
『経済面で安全な水を得るために』
・健康に良い水、美味しい水を造要素(塩素やトリハロメタンなどの有害物質の除去、微量ミネラルの添加、水の分子連動の高速化)を備えた画期的な浄活水器。

【その他】
『自然の香りを』
琥珀やハーブ、樹木等の抽出物を生かし、タバコやペットなどの匂いを除去し、気軽な森林浴気分をお楽しみいただける、芳香剤などをご用意いたしています。

ベルセレージュとは

1987年頃、成分表示を見ることを知らなかったばかりに天然という謳い文句を信じて、アレルギーなどの原因となる合成化学物質を含んだ商品を取り扱ったことで、皮膚トラブルなどが続出し、不信を持った人達が専門の研究者達に相談し、正しい成分表示の見方を知りました。

それがきっかけとなり研究者達が自分や大切な家族が安心して使えるように開発していた製品の存在を知り協力を求めたところ、製品を供給する条件として法律をしっかりと守って販売することを約束として天然系原料100%、無指定成分化粧品などの理想的なオリジナル製品の開発へと発展いたしました。

そしてこの様な経緯で誕生したベルセレージュは、創業当初より一貫してコンプライアンス経営を重視して運営され、遵法精神を貫くビジネスの新しい時代へと発展を続けています。

現在、ベルセレージュでは各種化粧品、洗剤、健康補助食品、浄活水器などを扱っています。

名称とマークの由来

ベルセレージュの名称の由来は、動植物などを応用する開発技術によって細胞レベルから若返り健康的に美しくなろうという、言葉を組み合わせた造語です。

マークは当時世界で初めて発見された、植物の成分を原植物と組み合わせたデザインです。このような発見や技術は酸化防止作用、抗菌力などに応用されています。

まさに最先端の技術と新発見をベルセレージュの製品にいかしていこうという意気込みを表しています。

ベルセレージュHPより

☆上記の会社と私との関連性は一切ありません

MLMは21世紀型ビジネス

ネットワークビジネス 21世紀型ビジネス


ネットワークビジネスが日本に上陸して半世紀。未だにネットワークビジネスを「悪徳マルチ」や「ネズミ講」だと思われている方がいらっしゃいます。

しかし、ネットワークビジネスは「悪徳マルチ」や「ネズミ講」ではなく、法的に認められた立派なビジネスです!

だからこそ世界で5,000社以上の会社が存在し、有名な企業もネットワークビジネスを展開しているのです。

例をあげると、ジャスコ、カネボウ、SONY、森下仁丹、ダイエー、コカコーラ、ジレット、ジョンソン&ジョンソンなどの子会社です。

その多くの企業は「感動」と「体感」を得やすく、伝えやすい健康関連の商品を扱っています。

健康関連商品は世界的にも非常に好調な産業であり、21世紀は世界で120兆円市場になると予測されています。

日本では高齢化社会を反映して健康関連商品のニーズは益々高まっています。そんなネットワークビジネスは世界の多くの識者から支持されています。

ロバート・キヨサキ

  • 「金持ち父さん貧乏父さん」の著者 ロバート・キヨサキ氏

元アメリカ大統領 ビル・クリントン

  • 元アメリカ大統領 ビル・クリントン氏


船井幸雄

  • 船井総合研究所 船井幸雄氏

不動産王 ドナルド・トランプ

  • 不動産王 ドナルド・トランプ氏



など多くの方がネットワークビジネスを絶賛されています。

ちなみにドナルド・トランプ氏は「もし無一文になったら、急成長している優良なネットワークビジネスを探して、そこのディストリビューターを始める」とトーク番組で話したそうです。

このように、多くの方がネットワークビジネスの可能性に注目をし、肯定的な意見を述べられています。

では、なぜネットワークビジネスが21世紀型ビジネスなのか?

それは、ネットワークビジネスが消費者参加型のビジネスだからです。従来の広告展開による販売スタイルとは異なり「人から人へ」いわゆる「口コミ」をベースとした流通形態になります。

もちろん、製品を販売する営業社員はいません。しかし、営業消費者、販売消費者、広告消費者はいます。つまり、消費者が会社の販売員も兼ねて製品を世の中に流通させます。

そうすることで、会社は広告やCMに宣伝費用をかけずにすみ、その分を製品開発に充てることが出来るのです。もちろん、製品を伝えた人には流通の規模に応じて報酬が支払われます。

ここが21世紀型のビジネスと言われるゆえんなのです。

MLMも集客方法を選ぶ時代!

ただし、注意しなくてはいけないのが、いくら多くの識者がネットワークビジネスを絶賛しても、実際に稼げるかどうかは自分次第ということです。

ネットワークビジネスの最大の魅力は、なんといっても権利収入です。その権利収入を手にしようと、多くの人がネットワークビジネスに参加をします。

しかし、口コミで流通組織(ビジネスメンバー・愛用者)を広げるやり方が合わずに、多くの人がビジネスを辞めてしまうのも事実です。

「じゃあ、口コミで成功するのは無理なのか!」「ネットワークビジネスでは権利収入は手にできないのか!」と言えばそんな事はありません。

口コミのやり方でもしっかり成果を出してる人はいます。ただ私がそうだったように、口コミでは全く成果を出せない人もいます。

だからこそ、ネットワークビジネスで権利収入を得るための手段として、自分に合った集客方法を選ぶ必要があるのです。

決して口コミ集客がダメで、インターネット集客が良いと言う話ではありません。自分の集客スタイルに合うかどうかという話なのです。

「口コミ集客のネットワークビジネスで活動したけど上手くいかなかった・・・。」「ネットワークビジネスに興味はあるけど口コミで集客できる自信がない・・・。」

それなら、インターネットでネットワークビジネスを始めてみてはいかがでしょうか?

  • 私たちの会社はインターネット集客を中心に活動を行っています。ご興味がありましたら、こちらから動画と無料メールセミナーで、私たちが実践しているインターネット集客の方法と会社のご案内をしています!

    動画セミナーフォーム

  • 14日間の無料メールセミナー終了後のしつこい勧誘はありませんのでご安心下さい。
  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



2016年ネットワークビジネスランキング 売上高

順位会社名売上高(百万円)
1日本アムウェイ98,899
2三基商事65,000
3フォーデイズ39,742
4ニュースキンジャパン33,000
5アシュラン27,200
6ノエビア22,900
7ナチュラリープラス21,678
8フォーエバーリビングプロダクツジャパン19,600
9シャルレ18,836
10ベルセレージュ本社18,000
10モリンダジャパン18,000
12モデーアジャパン(ニューウエイズ)16,000
13高陽社12,000
14日本シャクリー11,185
15グラントイーワンズ8,500
16シャンデール8,000
16日本タッパーウェア8,000
18赤塚7,800
19イオン化粧品6,910
20セプテムプロダクツ6,800
21日健総本社6,400
22ロイヤル化粧品6,300
23ネイチャーケアジャパン6,000
23サミットインターナショナル6,000
25アライヴン5,500
26アイビー化粧品5,163
27ザ マイラ5,130
28ニナファームジャポン5,050
29ライフバンテージジャパン5,000
30TIENS JAPAN(ティエンズジャパン)4,800
31YOSA(バイオクイーン4,700
32シナリー4,600
33ドテラジャパン4,560
34ピュアクリスタル4,000
34ハーバライフ・オブ・ジャパン4,000
36ペレグレイス3,630
37エクスフューズジャパン3,445
38グリーンプラネット3,400
39マナビス化粧品3,300
40三和株式会社3,000
41アミン2,400
42サンテクレアール2,300
43ケイエスビー2,250
44シナジーワールドワイドジャパン2,227
45ベガ(VEGA)2,176
46イオスコポレーション2,120
47オードビージャポン2,000
47マナテックジャパン2,000
47M3(エムスリー)2,000
47ジュネスグローバル2,000
47アトコントロール2,000
47アイスター商事2,000
53ローズライン1,800
54ハッピーファミリー1,750
54エックスワン1,750
56シェラバートン1,695
57カイアニジャパン1,611
58シーエムシー1,575
59スターライズジャパン1,500
60ユニシティ・ジャパン1,400
61エヌエーシー1,350
62エムジーエム1,300
62日本ベスト1,300
64GNLDインターナショナル1,243
65エムブラン1,200
65スリーピース1,200
65IPSコスメティックス1,200
68国際友好交易1,004
69マイフレンド1,000
69フォーライフリサーチジャパン1,000
69クレス薬品1,000
69エコロインターナショナル1,000
69ウィンライフ・ジャパン1,000
74ユニヴェール987
75レインボー800
75ウィル・サーチ800
75ウイズ800
78ライラック774
79ジョイ727
80エコプライム700
80プロティオス700
80遊気創健美倶楽部700
83DNA600
83AIM(エイム)600
83ピュアーライフ600
86参壽恵本舗597
87ビー・エッチ・シー593
88オリヴィス OriVis570
89苔善(こけぜん)560
90ユサナ・ヘルス・サイエンス500
90NIKKEN(ニッケン)500
92アルペン総合研究所480
93アストーラ470
94ピュアスター456
95セモア450
96ハンドライフリミテッド440
97エルブ400
97ミューズ400
97ラヴィ400
100スターリジャパン370
101DNAジャパン360
102コンフィアンス モビリア350
102エポックモア350
104クリエイション300
104シルクジャパン300
106フューチャーエナジー274
107ナチュミン・ジャパン250
107フォーチュンインターナショナル250
109日本ビーエフ239
110ラ・スプランデュール200
110ツインズ200
112ミラクル160
113SEIKAN150
114サンライダージャパンインク132

(2016年月刊ネットワークビジネス10月号より) ※売上高切り捨て表示

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆...このHPと、上記のネットワークビジネス会社との関連はございません。



【関連ページ】


a:1637 t:1 y:3